オメガ3脂肪酸でアンチエイジング効果を得る|キレイ美肌の極意

魚に含まれている栄養素

栄養剤

魚の調理法

オメガ3脂肪酸は実は魚に多く含まれる成分で、普段から魚料理を食べることで体に良い成分を取り入れることができるようになります。しかし魚といいましても調理の仕方でオメガ3脂肪酸をしっかり摂取できるかできないかが決まってしまうため注意が必要です。どのような仕方でオメガ3脂肪酸が問い入れにくくなってしまうのか、それは焼き魚で網焼きにすると油が落ちてしまいます。それはオメガ3脂肪酸を落としてしまっているということで、せっかくの成分を捨ててしまっていることになります。そのためしっかりと栄養素を取り入れるためには煮魚かムニエルが良いといわれています。そして調理するときもサラダ油を使ってしまうことで、リノール酸がオメガ3脂肪酸の効力を弱めてしまうといわれていますので、サラダ油は使用せずオリーブオイルなどが良いかもしれません。

魚離れは勿体無い

現代では特に若者を中心に魚を食べなくなってきてしまっている人が増えてきているといわれています。せっかく優れた栄養成分が含まれている食材なだけに、取り入れずにいるのは勿体無いことかもしれません。刺身や煮魚など、オメガ3脂肪酸だけでなく、ほかにも魚には目がよくなるタウリンという栄養成分や強い体を作るたんぱく質も含まれていたりします。最近では魚の成分を凝縮させたサプリメントも販売されてくるようになってきており、それを摂取する人も出てきています。世の中には魚が苦手という人も多くいるので、サプリメントであれば魚の味を感じることなく栄養素を摂取していくことができるようになります。魚は人間に必要不可欠な栄養成分が凝縮された食材なのです。