オメガ3脂肪酸でアンチエイジング効果を得る|キレイ美肌の極意

優れた油の使い方

美容オイルと女性

勿体無い使い方

オメガ3脂肪酸が含まれる亜麻仁油は、昔はヨーロッパではケーキを作るための材料として使われていた油でしたが、現代でそのような使い方をして摂取すると大変勿体無いこととなりますし、体にも悪い影響が出てくることもあります。なぜならオメガ3脂肪酸は火に弱く、火を通して調理することでその成分は破壊されてしまいただの油と化されてしまうのです。そのためせっかくの優れた栄養成分がなくなり、油だけを取り入れることとなるためそれが体脂肪へとつながってしまう原因となることもあります。亜麻仁油を使用するためには火を通さずに、そのままをスープに入れて食べるかフレッシュジュースの中に入れて飲むか、とにかくそのまま摂取していくことが重要です。

油以外の食材でも

オメガ3脂肪酸は体に良い成分であることから、その成分が含まれる亜麻仁油やえごま油が爆発的に売れるようになり、一時期はどこに言っても売り切れ状態が続いていたりしました。どうもオメガ3脂肪酸は亜麻仁油やえごま油でしか摂取できないと思い込んでいる人もいたりします。しかし実はオメガ3脂肪酸はその2種類の油でしか取れないわけではなく、ほかにもその成分が含まれた食材が存在します。確かに含まれる食材は少ないものですが、普段食べている食事で摂取していくことは可能です。クルミや魚にも含まれており、普段から魚料理を食べることでオメガ3脂肪酸を取り入れることができているのです。最近では魚離れとなっていたりすることもありますが、魚は栄養成分が優れた食材でもあるのです。